重曹でカビを取り除く

重曹と酸素系漂白剤が合わさると、カビ取り剤の完成です。漂白効果や殺菌効果を発揮するため、目につくしつこい汚れにも適応する掃除洗剤と言えます。

重曹に足す酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウム100%のものを用意してください。塩素系漂白剤や、合成界面活性剤については使わないようにします。

重曹の性質はアルカリ性に分類されますが、酸素系漂白剤はこれを凌駕するアルカリ性ですので、酸性の汚れに強い洗剤ができます。

パワーアップ掃除洗剤を作り上げるには、重曹と酸素系漂白剤と水が必要になります。

重曹と酸素系漂白剤は1対1の割合で混ぜますが、水の量により硬さを整えます。落としにくいタイルの目地やゴムパッキンの付着した汚れを除去する掃除では、洗剤は硬めにして汚れに塗りつけてからその上をラップで覆います。硬いと流れ落ちてしまうのを気にしなくても良いので、強い汚れの場合はこのタイプのものがおすすめです。水分が備わっているので、時間が経てば発泡作用が生じて汚れを浮き出させてきます。

水を多くして作り上げたやわらかい洗剤は、食器やまな板といった製品を漂白するときや除菌するときに便利です。まな板洗いでは、洗剤を全体に伸ばすように塗って、ラップを使って放置します。

食器を洗う際には、ペーストを洗い桶に入れておきよく溶かした後に食器を入れて、一定時間が経過したら洗い流します。ふきんの除菌や漂白を行うときにも便利です。

このような酸素系漂白剤を活かした掃除では、成分が強くなってしまうため肌トラブルに発展する恐れがあります。長時間の作業のときや肌の弱い人は、ゴム手袋などを装着して肌を守るようにしましょう。