重曹とハーブビネガーで拭き掃除

重曹を使った掃除にハーブビネガーをプラスすると、拭き掃除に大きな力を発揮します。重曹洗剤で掃除をした後に、床にハーフビネガーを吹き付けてそこを磨くだけで終了です。

拭き掃除が終われば床はハーブの香りに包まれるため、気持ち良い部屋になっています。

ハーブビネガーは、ドライハーブに酢を組み合わせるだけで仕上げることができます。

ハーブビネガー作りで選択する酢は、ホワイトビネガーまたは穀物酢が良いとされています。しかし、仕上がるのに10日程度も費やしてしまうのが玉に瑕です。一回作っておけば大変使い勝手の良い掃除アイテムになりますので、辛抱が必要なのははじめだけです。

酢が持つニオイは、約10分で何もしなくても消えていくので、心配する必要はありません。タバコだったりトイレのニオイ対策にも効果的ですし、魚焼き網のにおいを解消したり焦げ付きを回避するためにも有効です。

ハーブビネガーも重曹と同様に自然の成分になりますので、広範囲の掃除に使えます。そう言っても多少、注意する点が存在します。

酢が引き起こす問題があり、大理石についてしまうと表面を溶かす働きがあるので使うことは危険です。そして、ハーブビネガーの液体はそのハーブの色が出るので、色が付着しやすい布などに用いるのはやめておきましょう。

なお人によっては、ハーブに含まれる成分が合わない可能性もありますので、少量使ってみて肌が赤くなるなどの肌トラブルが出ないか確かめながら使いましょう。

目立つほどの汚れがある時には重曹を使用してきちんと掃除をし、普段はハーブビネガーを使って簡単に済ますのも一つの手です。