重曹を使った掃除の問題点

重曹は身体にとてもやさしい成分なので、いたるところの掃除に活かせると伝えられているアイテムです。ただ、重曹にも不適切な場所がありますので、基本だけ覚えておきましょう。

重曹が黒く変色させてしまうので、アルミが入っているものには使用できません。また、畳や木の拭き掃除に使ってしまうと、黄ばみの元となるため注意しましょう。テフロン加工の製品も、相応しくないので注意しましょう。

重層というのは、排水部分の掃除にも効果的なものですが、排水溝の掃除においては問題が多数発生していることを押さえておきましょう。排水溝の掃除は手が届かないために、重層を振りかけた後に水で流すなどしますが、重曹を大量に入れてしまう人がいます。排水溝内部で重層が固まった状態になり、詰まってしまうなどの問題が起こっています。こうした問題に直面しないように、ちょうど良い量を頭に入れて使用しましょう。

間違って詰まらせてしまったら、熱いお湯を流してみたり折れない棒でつついてみるなどの処置で解消できる場合もあります。

重層を部屋の掃除とは別の洗顔や入浴剤などに取り入れたいときには、食用や薬用のランクに該当するものをチョイスするようにしましょう。

重曹は、普通に発売されている洗剤と比較したとしても大変身体にとって影響の少ない成分ですが、全てにおいて完璧というわけにはいきません。敏感肌の人には刺激と感じて肌が反応してしまうこともあるので、肌の弱い人は肌への接触を避けるように考慮が必要です。ですが、もし強い肌を持っている人でも重曹掃除などをした後は、肌を保護するように気をつけましょう。

掃除は毎日の習慣と言えますから、問題は除外していきましょう。